保健師求人-20代の転職

保健師という職業は、看護師の仕事と比較した際に魅力が大きいと言われることが多いです。 看護師は不足が叫ばれていることからもわかるように、忙しく走り回らなければならないような職場もたくさんあります。
保健師の転職サイトを活用した採用活動

それに加え、たくさんの女性と一緒に働くことになるわけなので、人間関係の問題などに悩まされてしまう職場も珍しくありません。

シフトがきつすぎて看護師の仕事に限界を感じてしまう人がとても多いのですが、保健師の仕事はそれほどばたばたすることなく、しっかり構えて働くことができます。 職場によっては公務員という形で勤務することもできるので、安定性も非常に高く、看護師からは憧れる職業でもあります。

20代から転職活動をしようと思った場合、メリットが大きいということが言われますが、若いということが逆にデメリットになる場合があるということを理解しておきましょう。 若いことに関するメリットについてですが、雇う側からすれば、若いからこそ長く勤めてくれるという魅力がありますよね。

保健師の資格を持っているということは看護師としての知識も持っていることが証明されるわけなので、細かいことを一から教える必要もありません。 ですが、20代ということもあり、ベテランの保健師ほど初めから高い待遇を用意する必要もなく、採用側としてはメリットが大きいです。

しかし、若いということはベテラン保健師に比べて経験が少ないということでもあるので、経験不足はデメリットに繋がってしまいます。 職場の中には、若さよりも経験値の高さを重視するところもあるので、そういった職場ではどうしても採用される可能性が低くなると思ったほうがいいです。

企業保健師の中には経験値を重視するところが多いようです。 企業保健師は非常に安定性が高く給与も高いということで人気がありますが、他でステップアップしてから採用を目指すようにしたほうが無難かもしれませんね。

保健所や保健センターは若い保健師の採用率が高いということでも知られています。

保健師の収入、年収はどれくらい?

保健師は専門性の高い仕事で、同時に話題に出る事が多い看護師と同様に国家資格となっています。資格としては看護師 よりも上位に位置する資格となっています。

これは看護師がすでに病気になった患者さんの治療が主な仕事であるのに 対し、保健師の仕事は病気を未然に防ぐ予防が仕事となり、より幅広い知識が必要になるためです。そのため、保健師の 資格手当は看護師よりも少し高めに設定されているという職場もあります。

保健師の気になる給料はどれくらいかというと、職場にもよりますが、年収で400~500万円ほどとなっています。一般 職からすると高めの水準となっており、頑張って資格を取るだけのメリットはあると言えるでしょう。しかし、看護師と 比較した場合、看護師でも同じくらいの金額が貰える場合があります。

資格取得が大変な分、保健師の方が給料が高く ならないと損をした気分にもなりますが、両者は仕事内容は大きく異なります。

保健師は保健所や企業の中の医務室などで勤務する事が多いのに対し、看護師の主な職場は病院です。病院は体力を非常 に使い、夜勤などもあるため、ハードな労働環境になっています。看護師は忙しいという事をよく聞くと思いますが、 こうした職場の特徴があるためです。

対して、保健師の仕事では夜勤はありません。また、職場の環境も比較的落ち 着いており、安定した環境で働く事ができます。もちろん楽ではありませんが、看護師とは違った仕事の内容です。

夜勤がなくても看護師と同じくらいの金額が得られるというのは、体力的な面ではかなり楽になる部分もあり、大きな メリットと言えます。ただし、看護師から保健師になった場合は、最初から保健師として仕事をするよりも年収が低めに なってしまう事が場合によってはあります。

ここは職場の給与体系にもよるので、転職をする方は必ず求人情報で確認 しておきましょう。企業で働く産業保健師は比較的高めになりやすく、今人気の職場となっています。